2011年(一社全国心臓病の子どもを守る会)第二回全国社員総会報告

(社全国心臓病の子どもを守る会) 第二回全国社員総会報告 宮里 敏夫 秋の気配が感じられる一〇月の下旬(二十二日(土)、二十三日(日))、社員総会と全国大会が開催されました。沖縄からは、親川会長の代理で、私、宮里と田頭、玉城さんの二名の会員が参加いたしました。

今回の会場は、新宿にあるファイザー株式会社の大会議室を利用しての開催で、予算が厳しい折、本部の努力がうかがえました。

社員総会においては、議長を拝命し、社員の皆様の協力のもと無事大任を果たすことができました。 特に、愛知県での心臓病患者の過労死認定において、一般の過労死認定基準で判断するのではなく、その人の状態で個別に判断することが必要であるという最高裁判決は、患者側及び雇用者側にとっても大きな重みのある判決であり、このことで障害者雇用が後退することのないように、正しい理解を求めていく運動が必要であることを確認いたしました。

詳細はこちらへ