ZOOM医療講演会開催しました。

11月13日(日)県総合福祉センターに於いて中矢代真美先生による「移行期医療について~(先天性心疾患の小児から大人へ~切れ目のない医療を受けるために)」の医療講演会をオンラインを併用して開催しました。小児医療の進歩により成人期を迎えられる患者が多くなりましたが、先天性心疾患は手術したから治ったという訳ではなく生涯病院に係らなければなりません。しかし、現状では小児期から成人期に移行するにあたり継続的にその子に合った良質な医療と支援を受けられるという整備が成されていないということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください